医療・社会福祉法人

MEDICAL CARE & SOCIAL WELFARE CORPORATION

医療・社会福祉法人に精通した税理士にお任せ下さい。

医療・社会福祉法人の月次サポート

kinds of WORRIES

このようなお悩み・課題はございませんか?

  • 自院では忙しく、月次試算表の作成まで対応できない
  • 現在の税理士が医療・社会福祉法人の経営に詳しくない
  • 月次決算を会計事務所に依頼しているが、提出が遅れることがある
  • 先代院長から顧問を依頼している税理士とあまり気が合わない
  • 新会計基準の財務諸表等の読み方が分からない

森総合税理士法人は東京都内を中心に500件以上の医療・社会福祉法人に関する税務・会計・事業承継などに関するご相談をいただいております。どのような些細なことでもお気軽にご相談ください。
かならず、お力になれるよう最善のご提案をいたします。

森総合税理士法人が医療・社会福祉法人から
選ばれる3つの理由

  • 圧倒的な医療・社会福祉法人経営サポート実績

    医療・社会福祉法人の経営者サポートの豊富な実績があるため、税務、会計、経営に関する独自のデータとノウハウを持っています。

  • 医療・社会福祉法人の開業から
    事業承継までをトータルサポート

    クリニック、医療法人、MS法人設立から解散・事業承継まで網羅した、トータルサポートをご提供することが可能です。

  • 相続対策、節税対策に強い

    院長先生の所得税、法人税(フローの税金)のみならず、相続税(ストックの税金)までを勘案した、総合的なアドバイスを行います。相続対策や医療法人の事業承継対策にも多くの実績があります。

サービス案内

  • 会計税務業務

  • 月次試算表作成、各種申告書作成

  • 人事労務業務

  • 経営相談業務

  • 法人成り、MS法人などを駆使したトータル経営コンサルティング

同じ診療科目での収入比較や給与支給状況などを、豊富な実務経験を駆使して応じます。
ご相談は無料ですので、まずは一度お気軽にご相談ください

医療法人の事業承継サポート

kinds of WORRIES

このようなお悩み・課題はございませんか?

  • 医療法人の事業承継を考えているが相談できる専門家がいない
  • 現在の税理士が医療法人の事業承継に詳しくない
  • 事業承継に備えて準備をしたいと思っているが何から手をつけていいか分からない

医療・社会福祉法人の経営に精通したスタッフがサポートさせていただきます。

医療法人の事業承継パターン

  • 親族への承継
  • 第三者への承継
  • 他の医療法人とのM&A

どの事業承継のパターンでもしっかりとサポートさせていただきますのでお気軽にご相談下さい。

サービス案内

  • 相続税シミュレーション

  • 現状分析

  • 財産の評価

  • 事業承継計画の策定

  • 相続税の申告

医療法人の事業承継でのよくある質問

医療法人の出資持分には、多額の相続税がかかる!?

出資持分のある医療法人では、事業承継対策にあたり、出資持分の対策が極めて重要です!!

医療法人総数

医療法人総数52,589件(H28.3.31現在)

厚生労働省「医療法人数の推移」より

経過措置型医療法人の問題点は?(従来の出資持分のある医療法人)

医療法第54条により、医療法人は配当が禁止されています。
したがって、税引後利益はそのまま法人の純資産として保留されます。
業歴の長い医療法人は純資産(=出資持分)が多額になっていることが多くあります。

問題は、「相続」時と「中途退社」時!

医療法人の事業承継対策では、
純資産に対するアプローチ(対策)が重要です!

医療法人のガバナンス!(社団)経過措置型医療法人の問題点は?

  • ※ 出資者は、金銭等の拠出をした者であり、法人でもなることができます。
  • ※ 出資者は必ずしも社員である必要はありません。
  • ※ 社員は自然人に限られます。出資をしていなくても社員になることができます。
  • ※ 社員は社員総会にて一人一議決権を持ちます。
  • 出資者
    金銭等を
    出資した人
  • 社員
    社員総会で
    社員として選ばれた人
  • 役員(理事・監事)
    社員総会で
    役員として選ばれた人

医療法人のガバナンス

ガバナンスグラフ

出資者、社員、理事の役割を吟味し、事業承継対策では
人員をきちんと整理・配置することが重要です!

ページトップへ戻る